~葡萄と田舎時間~ 西田葡萄園のブログ budouinaka.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

吹屋ふるさと村


d0336530_20422018.jpg
ベンガラ色の郵便局


こちら、吹屋ふるさと村へ行ったのは
10月体育の日の振り替え休日でした。
美咲町の「かめっち」に行った後
美咲町から岡山県高梁市にある吹屋ふるさと村にも行きました。

前々から、ベンガラ色で統一されたノスタルジックな町並みを
歩いて見たかったので、ちょっと距離がありそうだけど
この際だから行ってしまえと、車をひたすら西へ走らせました。
あほナビはまたしても旧道を案内し、手に汗握りながらの運転でした。




d0336530_20422160.jpg
ベンガラ色の町並み


2時間くらいかかってやっと到着、結構な山奥です。
周りを見渡しても山、山、山
そんなところに村があります。
通りに入ると、現世から切り離され
タイムスリップしたかのような不思議な感覚がしました。

江戸~大正にかけ、銅の生産とベンガラ製造で栄え
ベンガラ製造で莫大な富を得た豪商たちが
町並みが統一されるように、島根から宮大工を呼びよせてつくらせたそうです。



d0336530_20422077.jpg

ベンガラ色の壁とインパンチェス



d0336530_20422075.jpg

ミニ朝市 ほとんど売り切れ 



d0336530_20422190.jpg

使ってみたくなるような おくどさん 



d0336530_20414848.jpg

こちらは広い台所



d0336530_20414793.jpg

住宅内を見学 片山邸の台所



d0336530_20414769.jpg

銅山とベンガラの原料製造を営み
巨大な富を築き上げた広兼邸はお城のようでした。
こちら、どこかで見たことがないですか・・・・・



d0336530_20414852.jpg

広兼邸のおくどさん
お屋敷は広い割に台所はこじんまりとしていたような・・・
振り返るとおくどさんの写真ばっかり撮ってました。笑



d0336530_20414822.jpg

広兼邸は昭和、平成と八墓村のロケ地になったところでもあります。

吹屋ふるさと村
ゆっくり出来なかったので、また行きたいところです。

同じ岡山県なのに高梁市まで遠かったです。
道中、加温葡萄ハウスが何棟もあり、中には育成中の葡萄の樹も
うちは小規模なので目を見張るものがありました。
車を降りて見たかったのですが、収穫の時期だったので
カメラを持ったおばちゃんがうろついていたらかなり怪しい
葡萄泥棒と間違われそうなので止めときました。


★吹屋ふるさと村
岡山県高梁市成羽町吹屋838−2

★広兼邸
岡山県高梁市成羽町中野2710
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by budouinaka | 2017-12-07 09:00 | *散 策 | Comments(0)