~葡萄と田舎時間~ 西田葡萄園のブログ budouinaka.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

カテゴリ:★園主の記事( 16 )



 
d0336530_21303073.jpg



 たいへんご無沙汰しております、園主です。
今日は、台風で作業は休みになり
溜まっていた雑用などを片付けて、過ごしました。

 今現在のぶどう園の状況は、ぶどうの枝の管理を行っています。
ぶどうの房に養分が行く様に、枝の伸長を止めています。
枝が伸び続けると、ぶどうの房にはあまり養分が行かないのです。

ただ、ぶどうは葉が命、1房を作るのに最低18~20枚葉っぱが必要です。
当園では倍ぐらい、40枚で1房を作っています。
その為に、当園ではぶどう棚の作りも岡山県では異質です。
普通棚間は2メートルから2・2メートルで作ります。
当園では3メートル開けています。

その分枝を伸ばし葉っぱの確保をし、良いぶどうを作ろうと試みています。
でも気温が25℃を下回れなければ、葉っぱの呼吸で養分の浪費になります。
難しいです。・・・
でも去年で実証済み、夜の気温が下がれば一気にぶどうの房に
養分が回り味が乗ってきます。
ぶどうが秋だと認識し、ぶどうの房作りに入ります。

その時に葉っぱが無ければ、ピオーネでは赤熟れ、
房が赤茶色になります。・・・もう味が乗らない
シャインマスカットでもいつまでもプラスチック見たいな緑色、
それにシャインマスカットで葉っぱが無かったら、
日焼けで梅干みたいになります。

 4月からのぶどう作りの作業が間もなく終わり、収穫の時期に入ります。
ブラックビートもいつの間にかイケメンになっていました。
数件お問合せいただいおりますが、糖度の確認をしてからの出荷になります。

 今年は、ピオーネの花が咲くのが遅れ、シャインマスカットと
同時に咲き始め、色々な経験をさせて頂きました。
二人で作業をこなし、何とか此処まで来ました。
天候次第では御座いますが、去年以上のぶどうをお届け出来ると思います。
今しばらくお待ちください。


                            園主 西田 善紀

by budouinaka | 2019-08-15 20:25 | ★園主の記事

d0336530_14040622.jpg
6月粒間引き作業


ご無沙汰しております、園主です。
2018年も残すところあと僅かとなりました。今年一年を振り返れば、
天候不順なども有り、6月などは一時心が折れそうになりましたが、
二人で作業を頑張り、去年以上のぶどうを皆様にお届け出来たかなと思います。

当園のぶどうをご購入して頂いた皆様に大変感謝しております。
本当に有難うございました。
また、お客様からぶどうのご感想も沢山頂き、
私自身大変感動し大いに励みになりました。
有難うございました。本当に感謝の気持ちで一杯です。

今現在は、来年度のぶどうの作業についての改良点の考察や、
来年新植する植え穴の土作りをどうするか?
草生栽培に於ける園全体に播種する草の種の選定などをしています。
私事ですが、農繁期に減少していた体重もやっと戻って来ました。

来年度も、今年以上のぶどうを皆様にお届け出来るように
作業を一生懸命頑張りますので、西田葡萄園をどうぞ宜しくお願いします。
皆様、良いお年をお迎えください。



                         園主 西田 善紀
by budouinaka | 2018-12-30 14:23 | ★園主の記事 | Comments(2)

d0336530_17411760.jpg


ご無沙汰しております、園主です。
昨日で今年度のぶどうの収穫が終わり
最後の選果を行い
彩菜茶屋箕面店の方に出荷しました。

直売所から一日に三回販売状況のメールが来るのですが
14時のメールで完売となっておりました。
これで今年度のぶどうの販売が終了となりました。
皆様、有難うございました。

今年度の、ぶどうの作業では色々困難な事もあり
今現在、無事に終わる事が出来てホッとしています。
これから2,3日休み
また来年度のぶどうの為の作業(草刈、土作り)を行い
来年、新たにぶどう棚を新設する農地の土壌改良
土作りの作業などを行います。

今現在、ぶどう園の状況は本当に良い感じになっています。
来年度は、今年度以上のぶどうをお届けできるようにと
二人で今から話し合っています。
取り敢えずは、ぶどうの樹1本ずつにご苦労様
有難うと言ってやりたいです。

今年のぶどう販売では、多くの方々から
当園のぶどうのご感想を頂き大変励みになりました。
心よりお礼申し上げます。本当に有難うございました。

by budouinaka | 2018-10-21 17:53 | ★園主の記事

d0336530_18561547.jpg
現在の葡萄園


こんばんは!園主です。
初心を忘れていました。
昨日、当園のぶどうのご予約の受付を開始した後
何かモヤモヤした感じ、スッキリしない気分でした。

今年は、昨年度より房の出来栄えが良いので
自分の中で、ちょっと舞い上がった価格設定にしてしまいました。
既にご注文が入っていたのですが、価格設定を見直しをしました。

元々、多くの方々に自分たちが作ったぶどうを食べて頂き、
喜んで頂ける様に頑張って来ました。
昨年度、ぶどうをお送りした後のご感想メールを頂いた時や、
対面販売でぶどうを食べて頂き、美味しいと言われた時の喜びを
何時までも大事にしていきたいです。

それでも、昨年度より若干ぶどうの価格は上がっていますが、
昨年度より房の出来栄えは良いと思います。
価格の設定見直し前に、ご注文して頂いたお客様には
メールで見直し後の価格をお知らせしております。
申し訳ございませんでした。

by budouinaka | 2018-07-22 19:03 | ★園主の記事

こんばんは。園主です。


こんばんは。園主です。
大雨の影響で遅れていたシャインマスカットの摘粒を済ませ
袋掛けの作業も、今日で終了しました。
これからも収穫までまだまだ作業が続きますが、ちょっと落ち着きました。

豪雨が過ぎ去った後から
私達は急ピッチで遅れている作業をこなしていて
朝早くから作業に出かけ、夕刻遅くに帰って
テレビなども見ずに寝るの繰り返しでした。

その間に、実家や大阪の友人
嫁さんの方の家族や友人などが心配して連絡をくれていました。
土砂崩れなどが複数箇所発生していましたが、
大きな被害は無いと聞いていたので
連絡をくれた人には大丈夫と伝えていました。

テレビでこの豪雨災害の詳細なニュースを見て、本当に恐怖を感じました。
決して他人事では無い、自分達にも起こり得る事だとも思いました。
少しでも早く被災された方々が元の生活
に戻れる事を願っています。
また自分達に出来ることを考えて行動したいと思います。

by budouinaka | 2018-07-17 20:51 | ★園主の記事

d0336530_19382401.jpg
袋かけ前のピオーネ


おはようございます! 園主です。
昨日でピオーネ、ゴルビー、ブラックビートの仕上げ摘粒と
大きくなった粒を移動させて房の形を良くする
玉直し作業が終了しました。

これから、これらに防除をしに行くところです。
防除が終われば袋掛けをしながら
朝晩はシャインマスカットの2回目のジベ処理をします。

袋掛け前には、ぶどうのベッピンさん大会が有り
今年は結果枝(長さが1m以上の枝)の本数10本に対して4~5房を付けます。
指導員の先生は10本に6房は付けれます。と言われていましたが
安全策で行こうと思います。

by budouinaka | 2018-06-24 07:35 | ★園主の記事

d0336530_10470889.jpg

こんにちは、園主です。
昨日でピオーネ、ブラックビート、赤ぶどうのゴルビーの
粒間引きが終了しました。

これから、これらのぶどうの2回目のジベ処理をしながら、
シャインマスカットの枝や副梢の整理をします。
これが終わればまたピオーネ、ブラックビート、ゴルビーの
仕上げの粒間引き後に袋掛けをしてこちらは終了になります。

次ばシャインマスカットに戻って、2回目のジベ処理をし
仕上げの粒間引きをして、袋掛けをしてこちらも終了です。
6月いっぱいはこんな感じです。ようやく先が見えて来ました。
後もう少しで楽になりそうです。



d0336530_10470953.jpg

ピオーネの粒間引きをしていてこんな房も有りました。
ゲンコツぶどうです。嫁さんは可愛いぶどうになると
言いますが、すぐに切り落としました。

ぶどうの袋掛け前には樹毎の枝数を数えて
通常は10本の枝数に対して6房を付け、後の房は落とします。
当園では10本の枝対して4〜5房を厳選して選び
後の房は全部落としてしまいます。

このゲンコツぶどうがこのぶどうのベッピン大会
に勝ち残る事はないでしょう。

by budouinaka | 2018-06-20 11:05 | ★園主の記事

d0336530_17492061.jpg
葡萄らしくなってきたピオーネ


こんにちは、 園主です。
今日は朝からぶどう園の防除をして、思い切って昼からは休みにしました。

昨日は、午前中ぶどうの勉強会に参加し
終わってから岡山県の指導員のK先生が来られました。
今のぶどう園の現状と作業内容を説明して園内を巡回してもらい
また今の作業の粒間引きを実際に行ってもらい大変勉強になりました。

防除に関してもアドバイスをしてもらい急遽薬剤の変更をしました。
今までの経緯を先生に話しながらシャインマスカットの花切りの遅れや
花ぶるいの話をしながら談笑していました。
先生は入口付近を見ながら大丈夫と思いますよ!と言われてましたが・・・
酷いのは真ん中付近ですから・・・終わった事は仕方がない。
また来年の課題にします。
明日からまたぶどうの粒間引きを頑張ります。

by budouinaka | 2018-06-14 18:01 | ★園主の記事

d0336530_07520636.jpg
シャインマスカット

ご無沙汰しております、園主です。
今日は朝から大雨なので小雨になってから作業に行く予定です。

今現在のぶどう園の状況は、ピオーネ、ブラックビート、ゴルビー
の1回目のジベ処理が終了し、シャインマスカットの花穂整形という
作業を急ピッチで行っています。花は待ってくれません。朝から晩まで
休み無しです。疲れはピークに近いのですが、ここで手を抜くと今までの
苦労が水の泡になるので、二人で頑張っています。

嫁さんには休んでもらいたいのですが、
作業が待った無しなので嫁さんも休み無しです。
この作業が終われば楽になるかな?
二人してそんな話をしながら作業をしています。
なんとかこの状況を乗り越えて、去年以上に美味しくて
綺麗なぶどうを皆様にお届け出来るように頑張ります。よろしくお願いします。

by budouinaka | 2018-06-06 07:58 | ★園主の記事

土作りについて


d0336530_00330808.jpg

園主です。ご無沙汰しております。
今現在の状況は黒豆の乾燥待ちで、来月からぶどうの剪定が始まります。
それまでには黒豆の方は終わりたいところです。

第2圃場の黒豆の栽培は、後々にぶどうを植える時の土作りの一環として
前年に牛糞堆肥、牡蠣殻石灰、苦土石灰だけを投入し
耕起し黒豆を播種しました。
播種後は無施肥、除草剤を一切使用しない所謂、黒豆の草生栽培を行いました。

やってみた感想は、黒豆の芽が出てからある程度大きくなるまでの間に
雑草との養水分の競合や日照の確保が出来れば
きちんと豆が出来ると思いました。
ただ無農薬のため虫喰いが結構有りましたが、病気は殆ど見られませんでした。

この農地は土壌診断の結果は窒素、リン、カリ全てが足りない農地でした。
それにも関わらず、豆が結構出来ていました。
これはやはり、雑草の根に集まる<土壌微生物、菌根菌によって
足りないリンや窒素を土壌中に固定した為だと思います。

大分昔にテレビでフランスに移住してカブ等の野菜を作って、
三ツ星レストランに卸してる農家さんを思い出しました。
(情熱大陸やったかな?)
その農地も草がぼうぼうの農地でまた土もフカフカでした。

一方ぶどう園の方も順調に草生栽培を行い4年目
雑草の種類も増え多様性を持つようになり
(1年目はマメ科のクローバーを農地全面に播種)
土嬢微生物、菌根菌の種類も増えていると思います。

最初は雨が降れば、ジュクジュク乾けば土はカチカチでしたが
今は水はけも良く、乾けばフカフカです。
1年目だけぶどうの樹の周りを耕起しましたが
土壌の気相を保つため耕起もしなくなりました。

ここまでは自然農法の本などで書かれている通りですが
ぶどうの収量はそんなには多くするのは危険な様な気がします。
多分、ぶどうの味に影響するのは樹に対しの着果量が大きいと思います。
当園の去年の着果量は成園の半分以下でした。(ピオーネに関しては)

結果は今まで食べたぶどうの中で一番美味しかったです。
シャインマスカットも他より美味しかったです。
若木の為、粒は小さめでしたが
食べて頂いた方々からも同じような感想をいただきました。

by budouinaka | 2018-01-20 08:08 | ★園主の記事 | Comments(0)