~葡萄と田舎時間~ 西田葡萄園のブログ budouinaka.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

カテゴリ:★ぶどう2018( 15 )



d0336530_19064734.jpg
ブラックビートの新梢

春、この枝の伸び方を見た園主
こいつは喧嘩売ってるとしか思えんと呟いたほどです。
ヘンコなぶどう、ブラックビート 
どうなるかと思いましたが、今年は出荷する事が出来ました。



d0336530_19064782.jpg

出来て見るとシャインに負けないぐらい
漆黒色で奇麗なブドウでした。
意外と人気物になりました。



d0336530_21300060.jpg
ゴルビー

ゴルビー、今年も出荷を見合わせました。
糖度はあっても色付きがイマイチで、おまけに今年は裂果が酷かったです。
美味しいブドウなのですが、2年連続して出荷出来ませんでした。
来年こそは、色付くように工夫して頑張りたいと思います。

by budouinaka | 2018-12-26 22:29 | ★ぶどう2018

d0336530_19064676.jpg
2018年7月 シャインマスカット


今年のシャインは、作っている本人達もビックリ
5月シャインが半端ない様子なので、春の追肥を見送りました。
もし追肥していたらどうなっていた事か・・・恐ろしい

昨年度に比べると粒が大きく
房が大きいので花切を5段に間違えたのかと思い
数えて見るとちゃんと4段で切っていました。

集中豪雨で作業出来ず
粒間引き作業再開の時は、もう粒が大きくなって
ハサミが入らず四苦八苦しました。

右端のシャイン、粒が大きくなりエクボが出来ています。
市場では大きな房、大きな粒が人気です。
大きすぎる粒は、二口ぐらいで食べる事になると思いますが
大きすぎると、シャイン独特の口の中でパリッと皮がはじける食感が
一口で食べる時に比べると弱くなるような感じがします。
極端に粒が大きいのもシャインマスカットらしくないと思うので
園主もそのへんを気を付けて作りたいとの事でした。



d0336530_19064768.jpg
2017年7月 初生りのシャインマスカット


昨年度は、花穂が貧弱で軸も細く粒も房も小振りでした。
今年は成木になり、花穂も大きく軸も太かったです。
大きな花穂をザクザクと切るのを楽しみにしていましたが
花切が間に合わず、花振るいをおこしました。

無残な現象でしたが・・・
花振るいを起こさずに、房を多く残していたら・・・
これだけの大房と大粒だと、味ののりが悪くなってたかもと話しています。
花振るいは起こるべくして起こったのかも・・・
終わり良ければ総て良しと言う事になりました。



More
by budouinaka | 2018-12-24 21:15 | ★ぶどう2018 | Comments(2)

d0336530_19064735.jpg
今年2018年ピオーネ


芽吹き、枝の伸び、花芽も良く順調でした。
酷暑で葉灼けと台風で葉が傷みましたが
大房であっても色が付き、糖度も香りも良く
昨年より出来が良かったです。

シャインの人気に押され気味のピオーネ
もう、ピオーネの出荷が終わりそうってところで
ピオーネの人気が伸びたのは驚きでした。
私達は、ピオーネが好きなのでこの現象嬉しかったです。

市場ではシャイン人気が続いていますが
シャインが増え過ぎて飽和状態になると
ピオーネの人気が上がるのではないかと思っています。
ピオーネ、ほんとう美味しいブドウなので
画像を見てるとピオーネが食べたくなります。



d0336530_19064733.jpg
初生り2017年ピオーネ


↑画像は昨年のピオーネなのです。
今年と昨年の房を見比べると
初生りブドウは、粒の抜き方が悪かったので粒が詰まり過ぎで
おしくらまんじゅう状態でした。
今年は、昨年よりかは粒間引きが上達したように思います。

過去の記録を振り返ったりして
毎日、ブドウの話ばかりしています。
今日の話題はピオーネでした。

by budouinaka | 2018-12-23 22:45 | ★ぶどう2018 | Comments(0)

d0336530_15133403.jpg

貴婦人ぶどうのゴルビー
貴婦人なのにゴルバチョフの愛称と同じゴルビー
今年こそは、赤い色付けて出荷したいと思っていましたが
キレイに赤色になりませんでした。
一部で全体が赤くなった房もありましたが、裂果が酷くてダメでした。

右はグラデーションで何とか赤いのですが、
左の房なんかは、青ぶどうゴルビーっかってほどです。
全体的に見てもやはり裂果が多く見られ
今年も出荷を見送りました。

芳醇な香りと品の良い甘さは
頂いた後も余韻が残るほどの美味しい葡萄なのですが・・・
来年こそは、お届け出来るようにしたいです。
出来ないと恥ずかしいですね。



d0336530_21333961.jpg

今年のシャルドネ女王様 また一段と太くなりました。
あーぁ、ますます切れなくなりそうです。
どうするのでしょう?

今年は、種抜きをしませんでした。
そしたら粒が小さいので種を吐くのに忙しい
来年は種抜きして、粒も詰まり過ぎなので
手が回れば、花切の段階で何とかしようと思います。

by budouinaka | 2018-10-23 21:00 | ★ぶどう2018

小さな房


d0336530_21333456.jpg

二日続けての雨
収穫の最盛期は、追いつかないので雨でも収穫していましたが
後10日ほどで、収穫もぼちぼち終わりそうなので
昨日、今日と雨降りの二日間は休みました。
明日から残りの収穫をします。

前回の選果、ころんと小さな房が可愛らしくて
並べて撮って遊びました。
大きな房は採りつくしたので、終盤は小さ目の房ですが
見た目が違うだけで、小さくても、形が悪くても、粒だけになっても
味はみんな同じで大丈夫です。

それから、ブドウに貼ってあるお手製のラベル
お気づきだと思いますが・・・
毎度、印刷がズレまくりです。笑

つい先日まで、ズレる原因が分かってなくって
2年目の収穫の終わりで、ズレを修正出来る事が判明しました。
早く気づけよ( ゚Д゚)です。
シャインの方は修正したラベルで、ピオーネはヅレたまんまですが
気にしない気にしないです。

by budouinaka | 2018-10-11 22:08 | ★ぶどう2018

d0336530_21282211.jpg

ピオーネの出荷が今週で終わる予定でしたが
まだ、色付きがイマイチだったピオーネがあり
それが今になって色付いて来たので
もう少し収穫出来そうな感じです。

ピオーネが終わりに近づくに連れ
シャインより人気が出て来たような感じです。
香り、甘み、酸味が織り成す濃厚で奥深い味わい
どちらかと言うと、私達はピオーネの方が好きで
シャインの人気に押され気味だった
ピオーネの収穫が終わりに近づくのは、嬉しいようで淋しいような感じです。

シャインも頂くと美味しいですね。
皮ごとイケて「パッリと弾けてジューシー」この食感がたまりません。
鼻に抜ける仄かなムスクの香りが良いです。

葡萄園のブドウを目当てにやって来る動物達は
シャインの方よりピオーネの方が好きなようです。
ピオーネは袋が破られて食べられてますが
シャインの袋は全部無傷の状態
動物はムスク(麝香)の香りが苦手なようです。

by budouinaka | 2018-10-07 23:07 | ★ぶどう2018

ずっしりピオーネ


d0336530_13335930.jpg

今日、ずっしりとした大きなピオーネを収穫しました。
今年の収穫で一番の重さ
計って見ると何と1kgを超えていました。



d0336530_13335943.jpg

笑ってしまうほど袋が目一杯 



d0336530_13335928.jpg

何とか袋詰めして口を閉じました。
パッツンパッツンで弾けそう
ずっしりピオーネ君、大阪の直売所へ送り出します。

by budouinaka | 2018-09-26 14:17 | ★ぶどう2018

999gスリーナイン


d0336530_21215337.jpg

先日ですが、シャインマスカットの選果で
コロコロの大きな房がありました。
縦に大きな房もありますが、この房は横に大きく
袋にもやっと入る大きさでした。

この房、1kg越えるだろうと思って計って見ると
1kgに1g足らずで999g
エンジェルナンバースリーナインでした。



d0336530_21214870.jpg

シャインマスカット
袋に詰めると一段とキレイになります。



d0336530_21214385.jpg

袋詰めされたピオーネもキレイです。



d0336530_21244561.jpg

試食用に準備したぶどう
ぶどうを一度に食べきれない場合は
このように軸ごとハサミで切って粒にし
タッパに入れて冷蔵庫で保存すると長持ちします。

by budouinaka | 2018-09-22 22:21 | ★ぶどう2018

男前と別嬪さん


d0336530_21174831.jpg

本日の選果の中から男前ピオーネと
別嬪さんシャインマスカット

1年目の房作りは、粒抜きが足らなくて
粒が押し合ってパッツンパッツンの房でした。
2年目の今年、粒間引きが少し上手くなったような気がします。



d0336530_21174824.jpg

美作のあちらこちらで、彼岸花が一斉に咲き出しました。
もう秋ですね。

by budouinaka | 2018-09-19 21:50 | ★ぶどう2018

開拓者ピオーネ君


d0336530_17041724.jpg

先日、ホームページ用に撮影したピオーネ
ブラックビートやシャインのようにガラスの器に
ピオーネをのせて見たものの似合わない

ピオーネはイタリア語で開拓者のこと
シャインやブラックビートの様に、宝石めいた蒲萄ではないけれど
開拓者ピオーネ君、名前のごとく黒くて大粒の房は逞しい
そんなピオーネ君には陶器が似合う



d0336530_21565837.jpg

無骨なぶどうだけど、ぶどうとしての美味しさは抜群



d0336530_20573824.jpg

朝のピオーネヨーグルト
写真を撮って遊んで見ました。

by budouinaka | 2018-09-13 22:16 | ★ぶどう2018