~葡萄と田舎時間~ 西田葡萄園のブログ budouinaka.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

<   2018年 02月 ( 21 )   > この月の画像一覧


剪定が終わりました。


d0336530_22263542.jpg

葡萄の剪定、一応は昨日で終わったのですが・・・
初日、私が行った箇所が三芽剪定になってまして 
今日は三芽剪定の見直しをしました。

見直したところ、葡萄棚八列ぐらいが3芽剪定になっていました。(;^_^A
間違いに気づいてからは、芽のわかりにくい箇所は
園主に何度も聞いて確認を取りながら剪定でした。

芽の向きで枝がどの方向に伸びるのか
想像しながら行う剪定は面白かったです。
中盤からは間違いもなくバッチリでした。

剪定を終え葡萄の樹を眺める
芽吹きが楽しみです♪



d0336530_22263089.jpg
カマキリの卵

剪定枝に付いているのを見つけては拾って
葡萄棚に落ちないように固定しておきました。
カマキリは益虫なので、葡萄園にいてくれるとありがたい昆虫です。



d0336530_22252583.jpg

今年、剪定で切り出した枝
葡萄園の入口もいっぱいになり



d0336530_22254970.jpg

第2圃場へと運び出しました。
おったまげー 昨年の数倍の枝量
でも、嬉しい量でした。

by budouinaka | 2018-02-28 22:24 | ★葡萄園の今 2018

セツブン草


d0336530_22174595.jpg

春を呼ぶ花 節分草
花言葉・・・微笑、高貴

お昼休みに、葡萄園と同じ地区にある
田殿神社の節分草を見に行きました。
小さくて儚げな花が参道の両側に咲いています。

田殿神社の鳥居には龍大明神とありました。
御祭神はもしかして・・・瀬織津姫
調べてみると、どんぴしゃりでした。

by budouinaka | 2018-02-26 22:16 | *植 物

春の日差し


d0336530_22141035.jpg

今日はポカポカの陽気♪
葡萄園には春の日差しが降り注いでました。

剪定が終わった箇所は棚がキレイになりました。
後は短い棚の箇所、残り3列
明日で終わりそうです。

by budouinaka | 2018-02-26 22:13 | ★葡萄園の今 2018

シャルドネの剪定


d0336530_22084965.jpg

今日は、シャルドネのWH外側を剪定しました。
太い亜主枝を切り落として棚を開けて
右隣からピオーネの枝を伸ばす事になりました。
生食ぶどう農家なので、やはりピオーネ優先です。
反対側の亜主枝もそうする事に園主決定

シャルドネさん大暴れしそう・・・
恐いな~知らないよ~ と、言ってたら
後は全部任せた! シャルドネ担当決定! されてしまいました。



d0336530_22091568.jpg

伸び放題のシャルドネの結果枝 芽飛びが一切なし
これがピオーネだったら・・・
藪を切り開いているような剪定でした。

剪定が葡萄園の端まで来たところで
じんわりと手首に違和感が・・・
ゴールまであと3列です。

by budouinaka | 2018-02-25 22:07 | ★葡萄園の今 2018

三目剪定⁉


d0336530_21594531.jpg

昨年、葡萄がぶら下がっていた枝(結果枝)
これを一芽、もしくは二芽を残して剪定します。

昨年の剪定は一芽が確認しやすかったのですが
今年は一芽が分かりにくい><
基底芽なのか副芽なのか一芽なのか・・・

〇で囲んだ芽は一芽なのですが
付け根にあるので、芽数には入れてませんでした。
なので初日に私が二芽剪定のつもりで行った箇所は
三芽剪定になってしまいました。(;^_^A
芽が分かるようになった今は大丈夫です。

一芽で剪定するのって恐い(一芽が枯れるとパーになる)
二芽剪定はニーズに応じて安心安定
ならば三芽剪定だと一生涯安心安定 なんて(笑)

三芽剪定はあきません!
雨除けの外に葡萄が出てしまします。

剪定が全部終わった後、園主が再度確認する事になりました。
2度手間かけてスミマセン。<(_ _)>



d0336530_22001692.jpg

葡萄園の入口から始まった剪定
中間地点を超えました。
恐々していた剪定、理解出来てくると楽しいです。



d0336530_22001903.jpg

寒さも和らいで少し春の予感
園内、オオバコ科のオオイヌノフグリの花が満開です。

花言葉・・・ 信頼、神聖、清らか、忠実

by budouinaka | 2018-02-23 21:58 | ★葡萄園の今 2018

おからのクッキー


d0336530_21532001.jpg

買い出しの日
スーパーのお豆腐売り場で、ふと目に付いたおから
懐かしい味を思い出し、食べたくなって何も考えずに購入

滅多に作らない2年ほど作ってないおからの煮物
おからって調理すると増える事をすっかり忘れてました。
ひぇ~~小鉢30人前ぐらいの量、見ただけでもうお腹いっぱい

それでも使い切れずに残ったので、クッキーを作ってみました。
おから150g、小麦粉120g、塩一つまみ
甘さ控えめにして、てんさい糖大匙2杯
太白ごま油大匙2杯、板チョコ1/2枚 
これをボウルに入れて手で混ぜるだけ

適当に作ったのが園主にも受けたので
剪定作業のおやつに持って行きます。

by budouinaka | 2018-02-21 21:56 | *お菓子

葡萄の剪定


d0336530_21474632.jpg

先週の土曜日から葡萄の剪定を開始しました。
初日の葡萄園は雪交じりの強風
黒豆の収穫と違って、剪定は手だけしか動かさないので
体もさほど温まらず寒~い
剪定大好き、剪定もえ~の園主は寒さもお構いなし
私には、ちょっと迷惑 うちの炬燵が恋しかったです。



d0336530_21474958.jpg

トンネルの下、魚の骨の様に左右に出た枝
昨年に葡萄がぶら下がっていた枝です。
この枝を剪定して行きます。



d0336530_21475548.jpg

剪定後 枝がなくなりスッキリしました。
まだまだ剪定作業は続きます。


by budouinaka | 2018-02-21 21:47 | ★葡萄園の今 2018

d0336530_21013324.jpg
2017.7月 幼果のシャインマスカット


こちらのブログを無期限でお休みする事にしました。

ブログを始めた頃は、葡萄園が出来るのかどうかも分からず
葡萄園が出来なかったらフェードアウトするつもりで
こそっりと始めたブログでしたが、写真好きだった事もあり
ブログを始めて見るともう楽しくって
あれや、これやと写真を撮っては更新して来ました。



d0336530_21012731.jpg
2014.7月 開墾当時 現在はシャインマスカットゾーン


耕作放棄地を開墾し、土を作り
ブドウの苗木を植えて育成し
昨年の3年目に葡萄園として土台が出来上がりました。
そして、それまではなかった屋号がやっと決まり
ホームページを立ち上げましたので
これからは、そちらの方でブログを進めて行こうと思います。

とは言っても、まだアナログ世界にどっぷり浸かっている
おばさんなので、操作に慣れておりません。
慣れてないのに見切り発車(笑)
SNS? FB インスタグラム 
スマホ未だに使ってないし・爆
アナログおばさん、これから進化して行くのかも知れません。どうかなぁ・・・

また、密かにこちらへ復活するかも知れませんが・・・
今迄、こちらのブログをご覧くださり
コメント並びにイイねをたくさん、ありがとうございました。<(_ _*)>

by budouinaka | 2018-02-18 22:36 | *ごあいさつ | Comments(2)

レザーウォレットの修理


d0336530_20133905.jpg

10年以上使用している長財布
帯が切れたまま使っていたのですが
今日やっと修理してもらいました。



d0336530_20150971.jpg

財布を作った時は老眼でなかったのに
老眼鏡かけないと見にくいそうです。



d0336530_20235432.jpg

今回はオレンジ色の麻糸で縫ってもらい
修理前とは違った感じになりました。
これでまた、10年くらいは使用できそうです。


昨日の百舌鳥の早贄の画像
これは百舌鳥の習性で
自然界では普通にあることなんですが
ちょっとショッキングでしたね。

私も最初、葡萄の枝にコオロギが串刺しになってるのを
見てギョッとしましたが、今は大丈夫
自然界命は循環しています。



d0336530_20370687.jpg

カラコロと屑の黒豆を煎って黒豆茶も作りました。
by budouinaka | 2018-02-16 20:44 | *日 常 | Comments(2)

シャルドネ


1本だけワイン用の葡萄を栽培しています。
これには訳がありまして・・・
ピオーネの苗木20本を発注しました。葉がピオーネにすると小さいので
これはどうもピオーネではないことに育成中に気づいたのですが
そのまま育てて見てのお楽しみ♪ぐらいの感覚で育成していました。



d0336530_21334052.jpg

すると・・・
私よ、私に気づいて 私は女王様なの・・・と、言いたげに
2年目の時に、枝にちょっこと実を付けていました。
これで明らかにピオーネではなく、青ブドウと言う事が分かりました。



d0336530_21325325.jpg

そして3年目、軸が赤くて短い花穂 
品種が分からないので房をどう作ったものか・・・

青ブドウなのでシャインと同じ方法で房作りをしました。
そして、粒間引きの時が来ましたが、主力のピオーネとシャインを先に行い
品種の分からない青ブドウは後回しになってしまいました。



d0336530_21340076.jpg

主力の粒間引きが終わり、 さぁ、青ブドウの粒を間引に行って見ると
粒が詰まり過ぎて、ハサミが入らないほどになっていました。><
それで、出来た葡萄がこれです。
あ~ぁ、どうしょうもなく不細工

上記の画像を添付して問い合わせたところ
シャルドネじゃないかと言う結果に
この青ブドウはシャルドネ女王様だったのです。

生食ぶどう農家としては、経営面から言うと痛手なのですが
苗木の購入先にはきちんとした対応をして頂きましたので
納得している次第です。

これが、食べて見て美味しさにビックリ
小粒ですがハッキリとした味で美味しかったのです。
ハッキリした味というのは
甘みと酸味が五分五分と言ったところでしょうか
飽きが来なくて濃厚で美味しいんですよね。
全くワインの事は分からないのですが、このシャルドネと言う葡萄が
ワインになると、どれほどの味になるのか飲んでみたいと思いました。

シャルドネと判明した翌日に偶然にも
研修会でワイナリーに行く機会があったので
そちらで白ワインのシャルドネを試飲しました。
普段ワインを飲まない私が言うのも何ですが
とっても美味しかったのです。なるほどと頷けました。



d0336530_21400606.jpg

切られることを恐れたのか、大きくなった現在のシャルドネ 
樹形はいの一番にWH完成。園内で一番肥えて
幹がぱっつんぱっつん、窮屈なのか一皮自己脱皮しています。笑

私が、生食でシャルドネを食べ、ワインの味を知りたいと思ったように
白ワインシャルドネ愛好家の皆さんの中には
生食でシャルドネの味を知りたい。食べて見たいと思う方が
もしかすると、おられるかも知れないと想像しています。
出来たらシャルドネを切らずに、残す方向で考えたいと思っています。



d0336530_21403684.jpg
ピオーネ&シャルドネのレアチーズケーキ

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。

by budouinaka | 2018-02-15 21:32 | ★ぶどうの栽培品種 | Comments(0)