~葡萄と田舎時間~ 西田葡萄園のブログ budouinaka.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

<   2018年 06月 ( 16 )   > この月の画像一覧


シャルドネ女王様ご健在


d0336530_17273432.jpg
美しいシャルドネ


うちの葡萄園には、ピオーネに紛れてやって来た
ワイン用のぶどうシャルドネがいます。
春の芽吹き以来、ブログに登場していませんでしたが
シャルドネ女王様ご健在です。

昨年、ワイン用のぶどうシャルドネとは知らずに
花切もジベ処理も行い
ガチガチに粒が詰まってどうにもこうにも団子状態
秋に出来たのは、見るも無残こん棒のようなシャルドネでした。

それでも、不出来なシャルドネを食べてみてビックリ
めっちゃ濃厚で美味しかったのです。
それで、今年はジベ処理をしてジベ後に速攻で粒間引きしてとか
考えていましたが、主力の葡萄達で大忙し
シャルドネに時間をかけている間はありませんでした。

シャルドネの作り方が分からないのですが
枝の誘引と摘芯だけはしてあります。
副梢(脇芽)の摘芯まで手が回らず放任状態なのですが
それでも実どまりが良くて粒が一杯詰まっています。



d0336530_17253230.jpg

粒が詰まっているのを見ると、何だか間引きたくなる
お昼の休憩時間にチマチマ粒間引き、もう趣味の世界です。笑
表面に粒がそろうように、奥に入り込ん粒を抜いてみました。

画像はちょっと前、この頃は粒がまだ楕円形ですが
今は丸い粒になっています。
今年は、本来の美しいシャルドネに生りそうです。

他の関連記事


by budouinaka | 2018-06-30 20:54 | ★葡萄園の今 2018

紫陽花


d0336530_22025687.jpg

今日は、葡萄園から帰宅路を遠回りをして
山越えをする道から帰りました。
細い山道を抜けると山頂の集落に抜けます。
6月、集落の道沿いに咲く紫陽花が奇麗で
この道を通り抜けるのが、ちょっとした楽しみになっています。


More
by budouinaka | 2018-06-28 22:41 | *植 物

d0336530_19365512.jpg
ピオーネの摘房作業

昨日今日と二日に渡り、葡萄のべっぴんさん大会
摘房作業を行いました。

形の悪い房は見てすぐに分かるので難なく落とせます。
枝の中には、まだ2つ房が付いていたのもあって
それがどちらも別嬪さん、これをどちらか選ぶのが悩む
1本の枝に対して1房しか付けれないので
形が良くても1つは落としてしまいます。



d0336530_19365919.jpg
べっぴんさん大会予選落ち


今年はビックリかなりの数を摘房しました。
摘房した房も花穂成型から仕上げの粒間引き迄
手を掛けています。でも、美味しい葡萄を生らせるためには
房を落とさないとダメなんですね。
この摘房作業、ぶどう農家にとっては辛い作業です。
作業後の園主はグッタリとかなりお疲れのようでした。



d0336530_19370425.jpg

この作業、はじめは私も参加していましたが
悩んで前にいっこも進みません><
なので園主にお任せして、選ばれたべっぴんさんに袋を掛けをしました。
明日から二人で一気に袋かけをします。

by budouinaka | 2018-06-26 21:10 | ★葡萄園の今 2018

移住して早4年!


d0336530_21185438.jpg
田植えが終わった村の風景 田んぼの水鏡


6月、美作に移住して早4年が経ちました。
若い頃の4年という時間は長く感じましたが
歳がいくと4年ってあっという間です。
でも、内容の濃い4年でした。

「奥さんは田舎の人?」
「いいえ、都会生まれの都会育ちです。」
家を探していた時、役所の方から何度もこう聞かれました。笑
元々、垢抜けしてない都会人から
今ではどっぷり田舎のおばちゃんです。笑

by budouinaka | 2018-06-24 21:36 | *風 景

d0336530_19382401.jpg
袋かけ前のピオーネ


おはようございます! 園主です。
昨日でピオーネ、ゴルビー、ブラックビートの仕上げ摘粒と
大きくなった粒を移動させて房の形を良くする
玉直し作業が終了しました。

これから、これらに防除をしに行くところです。
防除が終われば袋掛けをしながら
朝晩はシャインマスカットの2回目のジベ処理をします。

袋掛け前には、ぶどうのベッピンさん大会が有り
今年は結果枝(長さが1m以上の枝)の本数10本に対して4~5房を付けます。
指導員の先生は10本に6房は付けれます。と言われていましたが
安全策で行こうと思います。

しかし、近所に凄い農家がいます。
雨よけメッシュからほとんど枝が伸びておらず
脇芽もさほど出ていない短い結果枝10本に対して
9房ぐらい袋掛けをしています。

アンビリバボー! 
毎年、短い結果枝でどうやって
たくさん出荷販売が出来るぶどうが作れるのか?????摩訶不思議


by budouinaka | 2018-06-24 07:35 | ★園主の記事

d0336530_21314095.jpg

現在の葡萄園の様子
結果枝(ぶどうが生る枝)が伸びてジャングルになってきました。
枝が伸びてうっそうとしていますが
この結果枝の長さが充実していないと
美味しい蒲萄は出来ません。

形としての葡萄は出来ても、味も色ものらない
到底出荷する事なんて出来ない
それはそれは不味くて食べれない
葡萄が出来てしまいます。
(昨年、短い結果枝で葡萄を生らせて実験)



d0336530_21313040.jpg
ピオーネ



d0336530_21312376.jpg
ブラックビート



d0336530_21311789.jpg
赤ぶどうゴルビー

以上の2回目のジベ処理が終わり、仕上げの粒間引き
袋かけまでもう少しです。

by budouinaka | 2018-06-22 22:34 | ★葡萄園の今 2018

d0336530_10470889.jpg

こんにちは、園主です。
昨日でピオーネ、ブラックビート、赤ぶどうのゴルビーの
粒間引きが終了しました。

これから、これらのぶどうの2回目のジベ処理をしながら、
シャインマスカットの枝や副梢の整理をします。
これが終わればまたピオーネ、ブラックビート、ゴルビーの
仕上げの粒間引き後に袋掛けをしてこちらは終了になります。

次ばシャインマスカットに戻って、2回目のジベ処理をし
仕上げの粒間引きをして、袋掛けをしてこちらも終了です。
6月いっぱいはこんな感じです。ようやく先が見えて来ました。
後もう少しで楽になりそうです。



d0336530_10470953.jpg

ピオーネの粒間引きをしていてこんな房も有りました。
ゲンコツぶどうです。嫁さんは可愛いぶどうになると
言いますが、すぐに切り落としました。

ぶどうの袋掛け前には樹毎の枝数を数えて
通常は10本の枝数に対して6房を付け、後の房は落とします。
当園では10本の枝対して4〜5房を厳選して選び
後の房は全部落としてしまいます。

このゲンコツぶどうがこのぶどうのベッピン大会
に勝ち残る事はないでしょう。

by budouinaka | 2018-06-20 11:05 | ★園主の記事

ユキノシタの花


d0336530_21400316.jpg

自宅裏の石垣に何やら花が咲いていました。
この場所、じめっとして蛇がいそうなので
あまり近寄らないのですが、確認のため近くに行って見ると
ユキノシタが花を咲かせていました。



d0336530_21400653.jpg

はじめて見るユキノシタの花
蝶が飛びかうような奇麗な花で驚きました。

花言葉・・・深い愛情

by budouinaka | 2018-06-17 22:03 | *植 物

ぶどうの粒間引き


d0336530_21013684.jpg
ピオーネ

今日もぶどうの粒間引き作業でした。
現在はピオーネの粒間引きを行っています。

内向き下向き、小さい、短い、傷ありの
粒をハサミで一粒一粒取り除きます。
粒の間引き方で房の形が良くも悪くもなるので
何をやらせてもどんくさい私だけかも知れませんが
簡単なようでこれ結構悩む作業なのです。



d0336530_21025108.jpg
ゴルビー

先日、葡萄の先生にお手本に粒間引きを行ってもらいました。
上がその時の房です。これは奇麗な房の葡萄になりそうです。

by budouinaka | 2018-06-16 22:30 | ★葡萄園の今 2018

葡萄園周辺の草花


d0336530_20533378.jpg

今日の那岐山、傘雲がかかっていました。
こんな日は葡萄園に北風が吹き込みますが
今の時期の北風は涼しくて快適です。

蒲萄の1回目のジベ処理(種抜き処理)が
全種が終わり、お昼休憩に写真を楽しむ余裕が出て来ました。
早朝と夕刻に行うジベ処理期間中はとにかく眠い
お昼休憩は爆睡していました。

葡萄園周辺もいつの間にか草がぼうぼう
そろそろ草刈りなのですが
葡萄園の作業が落ち着いたら草刈りをします。



d0336530_20534422.jpg
ハルジオン

花言葉・・・追想の愛

その草ぼうぼうの草花が、なかなか奇麗なのです。



d0336530_20534973.jpg
モンシロチョウとハルジオン



d0336530_20535649.jpg
蜜蜂とヒメジョオン

花言葉・・・素朴で清楚



d0336530_20540273.jpg
ワルナスビ

なすびの花に似ている。
調べると実もなすびに似て厄介な草なようです。
でも、白い花は奇麗

花言葉・・・欺瞞、悪戯




d0336530_20563341.jpg
ギシギシの花

花言葉・・・朗らか



d0336530_21432670.jpg

オオイヌノフグリとの共演
奇麗で美味しそうに見えた春先のギシギシです。


ぶどうの方は粒間引き中
それが終わると2回目のジベ処理に入ります。

by budouinaka | 2018-06-15 22:11 | *植 物