~葡萄と田舎時間~ 西田葡萄園のブログ budouinaka.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

<   2019年 08月 ( 17 )   > この月の画像一覧


ピオーネの糖度測定


d0336530_21422857.jpg
ピオーネ8月30日撮影


昨日、30日にピオーネの糖度も測定しました。
↑画像は形の良くない味見用の房です。
その房から粒を採取して測定しました。



d0336530_21422820.jpg

粒の大きさはこれくらいです。
房の色付きですが、後もう少し色付いて欲しいところです。



d0336530_21422829.jpg

昨日8月30日の糖度測定 17.9度でした。
春、気温の乱高下に影響を受けたピオーネ
出来が心配でしたが、大丈夫でした。
濃厚で奥深い味、美味しいです。

ピオーネは、糖度が18度にのれば収穫開始致します。
9月5日頃からの収穫を予定しています。

シャインマスカットの方は、9月10日頃からの収穫を予定しています。
予定近くにシャインも糖度測定を行います。

by budouinaka | 2019-08-31 22:40 | ★ぶどう2019

d0336530_18473021.jpg

雨でも園主は毎日、ぶどうの様子を見に
葡萄園に行っています。
今日は、私も同行してぶどうの様子を撮りに行きました。

そろそろ、ブラックビートが収穫出来そうなので
あまり形が良くないのですが、↑の画像の房を
持って帰って糖度を測定する事になりました。



d0336530_18473521.jpg
ブラックビート


先ずは、ブラックビートの記念撮影
黒い宝石の様な漆黒色のブラックビート
奇麗です。

うちのブラックビートはヘンコなぶどうで
一筋縄では行かないのです。
元々、花穂がそんなに奇麗でないぶどうなので
房の成形がやりにくいぶどうです。
なので、袋かけ前は心配なのですが、軟化期に入り
収穫期に袋を開けると、あら不思議
奇麗なイケメンぶどうになっているのです。



d0336530_18474208.jpg

粒の大きさはこれくらい



d0336530_18475256.jpg

爽やかな酸味に甘みがあり、サッパリしてますが濃くもあり
果汁が多くとってもジューシーです。
極わずかに渋味がありますが、渋味もこのぶどうの味わいの1つになります。

皮を剥くのも、皮離れが良いので薄皮がキレイに剥がれます。
薄皮を剥ぐと、キレイな葡萄色の果肉が現れます。
皮を剥ぐ指先も葡萄色に染まります。

ブラックビートの育成中は文句も言いますが(ヘンコぶどうなので・・・)
私達、ヘンコなブラックビートの味が大好きです。



d0336530_18474891.jpg

肝心な糖度です。
ブラックビートの糖度自体、17度がマックスです。
今日、測定しました。16.9度
味見をして2人で頷いた美味しさでした。

なので今日から、ホームページの方でブラックビートの
販売を開始致しました。よろしくお願い致します。

by budouinaka | 2019-08-30 21:28 | ★ぶどう2019

d0336530_14401960.jpg
山帰来(サルトリイバラ)


葡萄園のある山道で山帰来を見つけたので
葉っぱを利用して、田舎まんじゅうを作りました。



d0336530_11325434.jpg

餡入りのお餅を山帰来の葉で包んで蒸した和菓子が
各地方で昔から作られているようです。



d0336530_11325496.jpg

レシピを検索してもお餅をくるんだものばかり
うちに上新粉がなかったので、シンプルに重曹と小麦粉だけで
田舎まんじゅうを作りました。



d0336530_11335429.jpg

昔、体調の悪い人が山に行き、その実を食べたら元気になって
帰って来たことから山帰来というそう
赤い実はリースにも利用され
生薬でもあり葉茎は肌荒れに効くようです。

山帰来の花言葉・・・元気になる、不屈の精神

by budouinaka | 2019-08-28 16:28 | *日 常

収穫待ち


d0336530_08032388.jpg
寒暖差で朝は霧で真っ白、幻想的な風景になります。


こちら、今日から先のお天気予報
今週一杯ずらりと雨マークが付いています。
お盆の連休中、熱帯夜続きでしたが
連休明け秋雨前線が停滞しはじめた頃から夜温下がりはじめ
近頃、夜はヒンヤリとして少し肌寒いくらいです。



d0336530_08032839.jpg
着色を確認中


この雨の後は、もっと夜温が下がりそうなので
ぶどうの着色が、かなり進むと思われます。
今年は、全種の花が一気にほぼ同時期に開花したので
もしかすると、収穫も一気に始まって忙しくなりそうな予感です。
雨が続くのは気が滅入りますが、収穫に備えての骨休みの雨だと思って
普段は出来なかった趣味を楽しむことにします。



d0336530_08033533.jpg
第2圃場の育成中の苗木


昨日、第2圃場の草刈りも終わりました。
春に定植したブドウの苗木のうち
何故か3本は芽が吹きませんでした。残念
芽吹いた苗も弱々しく大丈夫かしらと思うほどでしたが
今現在は、大きくなり一安心しています。

収穫までの作業が昨日で終了、2人で行うべき事は、全て行いました。
後は収穫待ちです。私も早くぶどうが食べたいです。(^-^)

by budouinaka | 2019-08-27 09:40 | ★葡萄園の今 2019

d0336530_15055943.jpg
シャインマスカット 8月25日撮影


こんにちは、園主です。

今現在の各種ぶどうの状況です。
ブラックビートが後少し1週間ぐらいで収穫出来そうです。

シャインマスカットは、順調で房の上方から
透明感を持った黄緑色になってきました。

ゴルビーは最近、赤く色づいて来ました。
裂果している房もありますが、今年は収穫出来そうです。



d0336530_15055440.jpg
ピオーネ 8月24日撮影


問題はピオーネです。去年と比べて1週間ぐらい花の開花が遅れ、
シャインマスカットと一緒に花が満開期を迎えました。

今の現状とこれからの天気を考えれば、
シャインマスカットと同時期(9月初旬)の収穫始めになりそうです。

ピオーネ単独でご注文を頂いているお客様には、
メールで現状をお知らせ致します。

8月最初の天候が続けば去年と同じ時期に
収穫が出来ると思っていたのですが・・・
最近、夜の気温が下がってきたので、
ぶどうの色づき、糖度の高まりは早くなってきました。

ご注文頂いてるお客様に於かれましては、
今しばらくお待ち下さいますよう
宜しくお願い致します。

                         園主 西田 善紀

by budouinaka | 2019-08-25 15:44 | ★ぶどう2019

ブラックビートの様子


d0336530_20420074.jpg

朝、目覚まし時計が鳴る前に目覚め
なのに2度寝をしてしまい爆睡
目覚めて時計を見たら9時前でした。
何時もなら一仕事している時間帯
園主に連絡すると、休んでいいよとの事で
今日は、私だけ休みになりました。

なので昨日撮影したブラックビートの様子になります。
一部、透明な袋をかけてある箇所
棚の下で見ると完全に色付いているように見えます。



d0336530_20420401.jpg

明るいところでよく見ると、まだ完全でないようです。
これがピオーネなら、十分な色付きなのですが
ブラックビートはもっと黒く
宝石のオニキスような漆黒色になります。

なので昨日、糖度を測定するはずでしたが
もう少し後で測定を行う事になりました。
昨年度は、もう今頃出荷していましたが、今年は花の開花が1週間遅れなので
収穫も1週間遅れそうな感じです。

by budouinaka | 2019-08-23 21:17 | ★ぶどう2019

収穫前の草刈り


d0336530_21253745.jpg

ぶどうの収穫も近づいてきました。
猛暑が続き、夜温が下がらずでしたが
早くも秋雨前線が停滞し、夜温が下がりはじめたので
ぶどうの着色も進みそうです。

それぞれ品種、ぶどうの様子をお届けしたかったのですが
数日雨で撮影出来ませんでした。
今日からは、収穫に備えて葡萄園の草刈りを行っています。



d0336530_21254168.jpg

今日は、ゴルビーの場所を刈りました。
青かったゴルビーが、夜温が下がり出してから
着色しはじめました。
これからまだ赤くなると思います。
赤くなぁ~れ~ 毎日、ゴルビーさんに声をかけています。

出荷一番手のブラックビート、明日、糖度の測定を行います。
近日中に、それぞれ房の状態をお届けしたいと思います。
とりあえずは、ジャングル葡萄園の草刈りを終わらせます。

by budouinaka | 2019-08-21 22:28 | ★葡萄園の今 2019

怒りの葡萄シャルドネ


d0336530_20134406.jpg
怒りの葡萄シャルドネ


シャルドネ、今年は全く相手にしてもらえず
怒り爆発したかのように、ありとあらゆる箇所から芽吹き
太い枝を出し、花も咲かせ、実もつけていました。笑
シャルドネ笑わせてくれます。
勢いあり過ぎの樹勢に、園主は不気味がっています。



d0336530_20371749.jpg

高接ぎも後回しになり
間に合わないかも知れないけど、ダメもとで高接ぎを行い



d0336530_20441511.jpg

11日、シャインマスカットの緑梢をシャルドネに接ぎました。



d0336530_20455545.jpg
高接ぎ後のシャルドネ

高接ぎ後は、トンネルの下に接いだシャインマスカットの枝を伸ばします。

シャルドネの枝が太くなっていたので、シャインが負けて
付かないかもと、様子を観察していたところ・・・



d0336530_20570817.jpg

昨日、接いだ枝に芽が出はじめました。
一応、高接ぎ成功だそうです。

シャルドネも同じように育成してきたので愛着があります。
それに、シャルドネが来たおかげで
ワインを楽しめるようになりました。
このまま、上手く行けばシャルドネは切らずに
シャインマスカットに生まれ変わり存続する事になります。


「怒りの葡萄」は、小説のタイトルなのですが
ボウボウのシャルドネを見て浮かびました。
小説のタイトルの葡萄は人間なのですが・・・
遥か昔に読んだ「怒りの葡萄」映画もありましたね。
ぶどう農家で農民になった今、もう一度読んでみようと思います。

by budouinaka | 2019-08-17 22:00 | ★葡萄園の今 2019

大丈夫でした。


d0336530_16515185.jpg


台風の前日、強風で山の樹々が折れそうな勢いでしなり
葡萄園でも、枝が強風に吹かれて豪快に
上下、左右と乱舞
枝垂れ枝の乱舞は大迫力でした。

台風が過ぎ去り、葡萄園へ
苗木の誘引が外れ、枝が落下していましたが
折れてはいませんでした。
葡萄園の方も、枝も房も大丈夫でホッとした次第です。

by budouinaka | 2019-08-16 17:17 | ★葡萄園の今 2019

 
d0336530_21303073.jpg



 たいへんご無沙汰しております、園主です。
今日は、台風で作業は休みになり
溜まっていた雑用などを片付けて、過ごしました。

 今現在のぶどう園の状況は、ぶどうの枝の管理を行っています。
ぶどうの房に養分が行く様に、枝の伸長を止めています。
枝が伸び続けると、ぶどうの房にはあまり養分が行かないのです。

ただ、ぶどうは葉が命、1房を作るのに最低18~20枚葉っぱが必要です。
当園では倍ぐらい、40枚で1房を作っています。
その為に、当園ではぶどう棚の作りも岡山県では異質です。
普通棚間は2メートルから2・2メートルで作ります。
当園では3メートル開けています。

その分枝を伸ばし葉っぱの確保をし、良いぶどうを作ろうと試みています。
でも気温が25℃を下回れなければ、葉っぱの呼吸で養分の浪費になります。
難しいです。・・・
でも去年で実証済み、夜の気温が下がれば一気にぶどうの房に
養分が回り味が乗ってきます。
ぶどうが秋だと認識し、ぶどうの房作りに入ります。

その時に葉っぱが無ければ、ピオーネでは赤熟れ、
房が赤茶色になります。・・・もう味が乗らない
シャインマスカットでもいつまでもプラスチック見たいな緑色、
それにシャインマスカットで葉っぱが無かったら、
日焼けで梅干みたいになります。

 4月からのぶどう作りの作業が間もなく終わり、収穫の時期に入ります。
ブラックビートもいつの間にかイケメンになっていました。
数件お問合せいただいおりますが、糖度の確認をしてからの出荷になります。

 今年は、ピオーネの花が咲くのが遅れ、シャインマスカットと
同時に咲き始め、色々な経験をさせて頂きました。
二人で作業をこなし、何とか此処まで来ました。
天候次第では御座いますが、去年以上のぶどうをお届け出来ると思います。
今しばらくお待ちください。


                            園主 西田 善紀

by budouinaka | 2019-08-15 20:25 | ★園主の記事