~葡萄と田舎時間~ 西田葡萄園のブログ budouinaka.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

   葡萄作りと田舎の暮らし             


by budouinaka
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

タグ:お菓子 ( 26 ) タグの人気記事


第2圃場のヨモギ


第2圃場のヨモギ_d0336530_21085811.jpg

第2圃場の一角にヨモギがいっぱい生えています。
播種したクローバーがヨモギに負けて
新植したブドウの植穴にも生えています。

草生栽培をしていますが、ヨモギばっかり生えるのは困りもの
ヨモギはアレロパシーがあるので、他の草が負けてしまい
地下茎でヨモギがどんどん増えてしまうのです。
それに、コウモリ蛾の幼虫はヨモギが好物
ブドウの幹回りにヨモギが生えていると危険なのです。



第2圃場のヨモギ_d0336530_21085866.jpg

昨日、そのヨモギの草抜きをしたので
新芽のところを持ち帰り



第2圃場のヨモギ_d0336530_21085819.jpg

白玉粉でヨモギ団子を作りました。

覚書
白玉粉100g、ヨモギペースト80g、水70ml

by budouinaka | 2020-03-27 21:45 | *植 物

蒲萄の紅葉 シャインマスカットのタルト_d0336530_21431975.jpg

収穫が終わった頃の画像です。一応はぶどうの葉も紅葉しました。
ビニールトンネルの外側の葉は、雨で傷んで落葉してしまいました。
残っている葉も、スリップスの害が出ているのでキレイではありません。
この様な状態で、気温が下がり寒くなっても
最後まで良く頑張ってくれました。
そんな葡萄たちの詫び錆びの美しさ
今から枯れ落ちる葉が
光線の加減で奇麗に見えたりもしました。



蒲萄の紅葉 シャインマスカットのタルト_d0336530_21432914.jpg

今日現在の葡萄園
葉がほとんど落葉し冬景色になりました。

今日から葡萄園へ出勤です。
一日目の作業は、カラス除けに張ったテグス
スリップス除けに園内に張り巡らした
効き目がなかったので負の遺産となった銀色のキラキラテープ
幹根のマルチなどの除去を行いました。



More
by budouinaka | 2019-11-25 22:39 | ★葡萄園の今 2020

シャインマスカットの大福_d0336530_19493341.jpg

収穫出荷の合間に、面白半分でシャインマスカットの大福もちを
作ってみました。

シャインマスカットをクリームチーズでくるみ
さらに餅皮で包みました。
それぞれ異なる食感なのですが、これがイケる美味しさ
3個分しか作らなかったので、もっと作れば良かったと思うほど
おやつにぺろりと平らげました。
園主、ブドウソースはNGでしたが、大福には食いつきが良かったです。


適当レシピ覚書
シャインマスカット3粒、キリクリームチーズ3個
白玉粉40g、砂糖10g、お水40~50cc 片栗粉

①シャインの粒をクリームチーズで包み、ラップに包んで冷蔵庫へ
②白玉粉、砂糖、お水をボウルに入れてよく混ぜる
③600wレンジ50秒~1分で取り出し混ぜる
④更にレンジで30~40秒
⑤片栗粉の上に取り出し、3等分に丸める
 粗熱が取れたら①を包んで出来上がり♪

シャインマスカットがあるうちにまた作ろうと思います。
時間があればシャインのタルトも作りたい・・・
久しぶりのお菓子作り、楽しかったです。

by budouinaka | 2019-11-05 20:27 | *お菓子

山帰来の葉で田舎まんじゅうを作る_d0336530_14401960.jpg
山帰来(サルトリイバラ)


葡萄園のある山道で山帰来を見つけたので
葉っぱを利用して、田舎まんじゅうを作りました。



山帰来の葉で田舎まんじゅうを作る_d0336530_11325434.jpg

餡入りのお餅を山帰来の葉で包んで蒸した和菓子が
各地方で昔から作られているようです。



山帰来の葉で田舎まんじゅうを作る_d0336530_11325496.jpg

レシピを検索してもお餅をくるんだものばかり
うちに上新粉がなかったので、シンプルに重曹と小麦粉だけで
田舎まんじゅうを作りました。



山帰来の葉で田舎まんじゅうを作る_d0336530_11335429.jpg

昔、体調の悪い人が山に行き、その実を食べたら元気になって
帰って来たことから山帰来というそう
赤い実はリースにも利用され
生薬でもあり葉茎は肌荒れに効くようです。

山帰来の花言葉・・・元気になる、不屈の精神

by budouinaka | 2019-08-28 16:28 | *日 常

苗木の芽吹きとヨモギ


苗木の芽吹きとヨモギ_d0336530_21253770.jpg

昨日は、葡萄園の外側の草刈りをしました。
クローバが咲きかけなのですが
新梢が伸びて誘引が始まるとブドウに付き切りになり
草刈りする余裕がなくなるので、今のうちに刈りました。



苗木の芽吹きとヨモギ_d0336530_21461311.jpg
5月3日撮影

第2圃場の苗木が芽吹き始めました。



苗木の芽吹きとヨモギ_d0336530_21253278.jpg

第2圃場はヨモギが多くて、苗木の植穴に生え出し
草刈り機は使えないので、地味に手抜きで除草しました。

ヨモギを抜いていると、ヨモギの良い匂いがして・・・
またヨモギ餅が食べたくなり
休み前にヨモギを摘んで帰ろうと思いながら忘れて帰り



苗木の芽吹きとヨモギ_d0336530_21591706.jpg

今日、ヨモギだけ摘みに行きました。
小豆を煮て餡子も作り
上新粉150g、白玉粉50g、ヨモギ100g、約水170mlで
ヨモギ餅を作り餡子を包みました。


苗木の芽吹きとヨモギ_d0336530_21591709.jpg

鮮やかな緑でリアルに草
すり鉢が小さいので完全にペースト状にならず
所々繊維が残りました。
半分は焼餅、後は黄な粉で、おやつの時間にいただきます。

by budouinaka | 2019-05-06 22:48 | ★葡萄園の今 2020

暖冬でも朝は寒い~ 酒粕ケーキ_d0336530_20372190.jpg

今年は暖冬なので、去年と比べると
比較的過ごしやすい方なのですが、それでも
朝は冷え込んで寒く、田畑には霜が降りて真っ白です。

朝、一応6時には目覚めても
ぬくぬくのお布団から出るのが億劫で
7時頃までうだうだ

目覚めと同時に枕元に置いてあるポータブルCDのスイッチオン
Somebody To Loveからはじまり、聞いているうちにノリノリになり
お布団の中で、フレディと一緒に歌っています。

私の歌声で園主は目覚めるのですが・・・
聞くと節回しがフレディそっくりになっているそうです。
だけど、完璧な英語で歌えてない歌を
毎朝、聞かされるのがウザイそうです。笑



暖冬でも朝は寒い~ 酒粕ケーキ_d0336530_20372129.jpg

酒粕でケーキを作りました。
純米酒で120gの酒粕を練って生地に混ぜ込みました。
酒粕が多すぎて膨らみが悪いのですが
日本酒が効いたベイクドチーズケーキのよう
思い付きで作った割には美味しかったです。

by budouinaka | 2018-12-20 21:30 | *日 常

シャインマスカットのタルト_d0336530_20234631.jpg

シャインマスカットの収穫も残りわずかなのですが
シャインで作るお菓子を2品
収穫しながら妄想を描いていました。
もう明日でシャインの収穫は終わりなのですが、一品だけ妄想を形にしました。



シャインマスカットのタルト_d0336530_20235191.jpg

タルトの中は、クリームチーズ+プレーンヨーグルトのみ
お砂糖は一切使ってないのですが、クリームチーズの塩気が
シャインマスカットの濃厚な味を引き立てるので
お砂糖を使わなくても十分な甘さでした。

タルト生地材料 丸型15cm
小麦粉100g、無塩バター60g、水 大匙1、塩 一つまみ、砂糖 小匙1

フイーリング材料 
キリクリームチーズ4個、プレーンヨーグルト50g
市販のゼリー(透明な物)適量

水、大匙1の中に塩と砂糖を加え、溶かしておく
ジップロックに小麦粉とカットしたバターを入れ
口を閉じて、袋の上から手でバターを潰しながら小麦と馴染ませます。
小麦がしっとりしてきたら、塩、砂糖を溶かした水を加えて袋をモミモミ
生地がまとまれば、そのまま冷蔵庫で1時間ほど寝かせます。

麺棒で生地を伸ばしてタルト型に敷き込み、フォークで穴を開けて
タルトーストーンをのせて、180℃オーブンで30分ほど焼きました。

チーズは軽く電子レンジにかけて柔らかくして
クリーム状に混ぜ、ヨーグルトを加えて良く混ぜたら出来上がり

半分にカットしたシャインマスカットを花のように並べ
市販のゼリーを電子レンジで液状に溶かし
艶出しに刷毛で塗ったら出来上がりです。



シャインマスカットのタルト_d0336530_20235556.jpg

砂糖の使用はタルト生地の小匙1のみ、でも甘さは十分
珍しく大絶賛でした。

by budouinaka | 2018-10-18 21:41 | *お菓子

Merry Christmas


Merry Christmas_d0336530_21330296.jpg

クリスマスケーキを作りました。
スポンジの砂糖を減量したので膨らみがイマイチ
年に1回しか作らないのでデコレーションも上達せず
手作り感満載です。



Merry Christmas_d0336530_21341230.jpg
葡萄のガーランド


葡萄の剪定枝で何か出来ないかと考えた今年の2月
枝を組み合わせてリース、ランプシェード、鍋敷き、籠
色々と思い巡らせていました。

とある日、百均にクリスマスリースの材料となるものを
物色していると、その横にあった葡萄が目に入りました。
なかなかの可愛らしさで、クリスマスリースはどこぞに飛んで
これは葡萄でしょう!って事で葡萄になりました。

ピオーネの枝を使用、作るのは超簡単
葉っぱがないと淋しいので
葡萄の葉ではないけどシュガーバインの葉を代用
枝に葉を付け葡萄を吊るして、誘引に使っている麻紐を
枝に括り付けたら出来上がり 



Merry Christmas_d0336530_21340547.jpg

こちらは青葡萄
今年、グングン伸びたシャルドネの枝で
これも適当に輪っかにしただけです。
どちらも玄関に飾りました。

by budouinaka | 2017-12-25 22:20 | *お菓子 | Comments(2)

桃のレアチーズケーキ


桃のレアチーズケーキ_d0336530_16332794.jpg

グラハムビスケットをつい食べ過ぎて
5cmのセルクルの型2個分しかありませんでした。
なのでケーキもいつもの半量のレシピで作りました。

生クリームなしクリームチーズと無糖ヨーグルトを合わせ
砂糖は控えめに、あまり固まるのがいやなので
ゼラチン少量にしました。
型から外すとちょっとダレ気味です。

桃はフレッシュなまま使いたかったので
カットして直ぐにレモン汁でマリネしたのですが
やはり微妙に変色


桃のレアチーズケーキ_d0336530_16332786.jpg

これジュレの残りがゼリーになったものですが
桃に色を付けたかったので
冷凍のラズベリーを煮て赤いジュレを作り
カットした桃の上に薄らとかけて見ました。



桃のレアチーズケーキ_d0336530_16332741.jpg

お菓子って小さく作る方が難しい
5cmのセルクルでは、桃があまりのらない
残りはカップに入れて桃をのせました。

これに園主が珍しく食いついてきました。
旨い!これ、売れるで! らしいです。笑

by budouinaka | 2017-08-11 17:17 | *お菓子

グラハムビスケット


グラハムビスケット_d0336530_20512943.jpg

桃はそのままで食べるのが一番美味しい
でも桃がたくさんあると何か作りたくなるのが信条
白ワインのコンポート、ピーチメルバ、桃ゼリーは昨年
今年、思いついたのが桃のレアチーズケーキ♪

買い出しの時に材料の
クリームチーズ、ヨーグルト、レモンは買うも
ケーキの土台になるビスケットを買い忘れたので
うちにあったグラハム粉でビスケットを焼きました。

ザクザク感たまりません~やめられない止まらない
なくなりそう
自分で言うのも何だけど
このグラハムビスケットめっちゃうまでした。

by budouinaka | 2017-08-09 21:50 | *お菓子